脱毛 v

理由)自分でVゾーンを処理して毛膿炎に(泣)

夏といえば、海。やっぱりビキニを着たいじゃないですか。
となると、どうしても避けて通れないのが脱毛。特にビキニを着るなら「V ゾーン」の処理

 

かなーりデリケートな場所だし、人に触られるのって超恥ずかしい場所でもあるわけですよね。
そこで、ついつい簡単に済ませようと、カミソリで剃ってみたら大失敗
脱毛したときはそうでもなかったのに、時間がたつと炎症が。痛くて痒くてホントつらくて。

 

でも、手軽なんで、海に行くときやプールの前は、カミソリで処理してたんですね。
これが大間違い。だんだん腫れが引かなくなって、毛穴の部分に膿が・・・!
大事なところだから、と結局皮膚科の先生に診ていただくことに。「毛膿炎」と診断されました。
ほっといたら、炎症が広がり、最悪の場合は「跡が残る」とのこと。
結局人に見せるハメになってしまって(泣)
カミソリだけがダメなのかと思ったら、友達に聞くと結構自己処理で失敗してるのがわかりました。

 

数々の失敗例

  • ハサミですく⇒切った毛がショーツを突き破る。とても彼氏には見せれないヨ
  • 線香で焼き切る⇒臭いが強烈でさらにはやけども。(母親に見られて微妙な雰囲気になった友達も)
  • 除毛クリーム⇒肌がよわく合わなかったのか処理後、痒くてたまらなく、ひどい肌荒れに
  • 毛抜きで抜いてみた⇒痛すぎな上、この子も膿んでしまったそうです
  • 家庭用脱毛器(フラッシュ式)を買って試した⇒Iラインは色素沈着が多少あるので、出力が足りなくてうまくいかなった

と、綺麗にしようとして肌トラブルになるなんて悲しすぎる!
最初からプロに相談すればよかったと痛感しました。


理由)レーザー脱毛でv ラインは超激痛!

レーザー

友達に聞いたり、脱毛でv ラインを処理してくれる脱毛エステや医療脱毛を調べまくりました。
ニードル脱毛という毛穴に針をつっこむような恐怖の脱毛方法は論外として、
意外にも主流だと思っていた「医療用レーザー脱毛」のほとんど共通の感想。
それは
      「超激痛!
と。怖いです、痛いの嫌いです。
なかには複数回数の契約をして、そのあまりの痛さに、途中で脱毛を挫折したという方もいました。
また、とても肌の薄い部分なので、
      「やけどして肌にシミが!
嫌すぎます。。。
しかも、残った回数分の解約もできずに最悪だと。
そこで探すなら、痛くない脱毛でかつ肌にやさしい、さらには万が一それでも挫折してしまう場合に備えて、残回数分を返金してくれるところと心に決めました。
それが脱毛サロンだったんですね。


理由)勧誘されたり販売されたりが嫌だったから

実は結構流されやすい性格なんですね。
断れないというか。

 

エステサロンで聞く噂で一番嫌だという意見が多いのが

 

 「続きで違うコースを勧められた」という勧誘や、
 「特別な化粧品セットというふれこみで欲しくもないのに売り込まれた」

 

ということ。これ、私もイヤなんですね。勧誘・販売をしかけられるの。
しかも、最初から契約申し込みをするのではなく、コースをこれだと決めていても、最初は必ず「無料のカウンセリング」からなのです。
だから、じっくり相談してアドバイスをもらったりして、それでも納得できないなぁという場合は、そこで契約しなければいいわけです。
最初に契約申し込み予約してから断るわけじゃないし、勧誘もなかったので、気楽に相談にいけばいいのですね。
もっと早くいけばよかったと後悔するぐらいでした。

理由)女性専用じゃないと嫌だ。もちろんスタッフ全員女性が安心

これもおっきなポイントでした。それでなくても脱毛する場所がv ゾーンなわけです、
いくらお医者さまでも男性には施術してほしくないというのが正直な気持ち。

 

女性にしかわからない肌へのこだわり。これってやはり女性同士のほうがわかりあえそうな気がしました。
なので、全員女性スタッフというのでも選びました。
また、女性だからOKかってわけでなく、接客サービスの質も大切だと思います。

 

理由)明朗会計っていうか。追加料金があると不安だから。

表示されている価格は安く設定されてて、いざ施術をはじめると、ケア代とか、美容液代とか。
また、毛の量が多いから基本料金にプラスされるとか。
いったいいくらかかるの!?
こんな感じにしらない間に追加料金が増えていくと、とっても不安。
毛の質や量に限らず、料金が一定で、また追加料金や入会金とかがないというのはとても重要なポイントだと思いますね。